×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google

Yahoo! JAPAN



電子商取引 リンク集

電子商取引(でんししょうとりひき、Electronic commerce、eコマース、Electronic Trading)は、インターネットや専用線のようなコンピュータネットワーク上での電子的な情報交換によって、商品やサービスを分配したり売買したりすること。

電子商取引は情報技術産業(IT産業)の立場からみると、商業トランザクションが目的とされたビジネスアプリケーションであるとみなされる。あるいは電子商取引は電子資金移動(EFT)、サプライチェーン・マネジメント、電子マーケティング、オンラインマーケティング、オンライントランザクション処理、電子データ交換(EDI)、自動化された在庫管理システム、および自動化されたデータ収集システムのいずれかであるとも言える。 電子商取引といえば従来は、特定の企業間電子商取引(B to B, B2B, Business to Business)における電子データ交換(EDI, Electric Data interchange)や銀行間の電子資金移動(EFT, Electrical Finance Transfer)を意味していたが、近年ではインターネットを利用した不特定多数の参加者による企業対消費者間取引(B to C, B2C, Business to Consumer)、さらにインターネットオークションなどの消費者間取引(C to C, C2C, Consumer to Consumer)も指すようになった。 インターネット上の商行為は、商品購入、広告宣伝、契約締結、資金決済など幅が広い。インターネットを利用し、Webサイトを構築し商品を売るサイトをECサイトという。

売り手側 [編集] 電子商取引では、商品の売り手側には、実店舗を持つコストが節約でき、資金が少ない人でも開業が容易となり、また地理的に不便な地域でも世界市場を相手にできるなどのメリットがある。 実店舗とECサイトとの連携により生まれるシナジー効果は、クリック・アンド・モルタルと呼ばれ、両方で展開している場合は積極的にこれを行うことが通常の展開の方法である。 買い手側 [編集] 商品の流通段階が省略できるため、消費者にとって、低価格で商品が購入できるメリットがある。この背景には、情報伝達のスピードがアップすることでその分の無駄な消費(情報)がなくなった分のコストダウンによるものとも言えよう。 また、商品の販売価格や、商品の品質・性能などに関する情報収集(価格比較サイト、製品批評サイトなど)と、商品の選定・決済と、時間・空間的に同一の場所で行えるため、消費者にとって自らに有利な意志決定をしやすくなるメリットもある。 しかし最近になってアフィリエイトサービスが登場し、多くのイーコマースサイトはアフィリエイトサービスを導入している。このことにより、電子商取引は中抜きの側面があったにも関わらず、新しい仲介の形が登場している。従って、最近は流通コストに新しい価格転嫁の側面が生じているとの指摘もある。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2010 電子商取引 リンク集 All Rights Reserved.

リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4